• 排水処理施設設計・施工・コンサル:各種工場(半導体・化粧品・食品 etc.)の排水処理施設設計・施工を多数手がけており、豊富な経験と実績により、最適な施設・設計をご提案させて頂きます。コンサルから設計・施工までおまかせください。
  • 排水処理施設設計・施工・コンサル:各種工場(半導体・化粧品・食品 etc.)の排水処理施設設計・施工を多数手がけており、豊富な経験と実績により、最適な施設・設計をご提案させて頂きます。コンサルから設計・施工までおまかせください。
HOME  >  排水処理施設設計・施工・コンサル  >  食肉及び水産物製造工場

食肉及び水産物製造工場

接触酸化-生物処理方式除害施設

本施設で採用している接触酸化-生物処理方式は、固定型の接触ろ材を生物処理槽に充填し、そのろ材の表面に固着した好気性の微生物による浄化作用を用いて処理する方式です。本工場では、生鮮魚などの水産加工物の排水中に含まれる、腐敗性の有機物やノルマルヘキサン抽出物質量が多く含まれますが、この接触酸化-生物処理方式で運転することにより、年間を通して安定した良好な処理水が得ることができます。

生物処理方式の利点の一つに、メンテナンスが容易な点が挙げられますが、特に接触酸化方式では、一旦、微生物がろ材へ保持されると、安定して生物処理槽に保持できることから、水質が非常に安定します。また、本施設は、設置コストとメンテナンス性を最大限に高めるために、半地下方式を採用し、処理の過程で発生する臭気についてはスクラバー方式の脱臭装置も併設し、臭気を無害化し排出しています。

接触酸化方式の生物処理により、安定した有機物類の処理!
  原水 処理水
生物化学的酸素要求量(BOD) 420 6.3
浮遊物質量(SS) 60 4.0
ノルマルヘキサン抽出物質含有量 22 0.5未満

お気軽にお問い合わせください。

電話番号:077-553-0099

Copyright © Kankyo Soken Co, Ltd. All rights reserved.

This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new Colorbox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content